2014年12月06日

NISSIN i40

781.jpg
NISSIN i40を購入しました。

コンパクトなフルスペックストロボ。そんな風に語られる、NISSIN製のストロボがお安く手に入ったので購入してみました。今回購入したのはNikon用です。
ガイドナンバーは40/105mm・27/35mm (※ISO100相当)で、各社のTTL方式に対応。またFP発光にも対応しているので、ミドルクラスの純正ストロボと比較しても遜色のない性能といえます。
セットはこんな感じです。
768.jpg
本体とディフューザー、スタンドとカラビナ付きバッグ。基本的な物はすべて入っております。最近はディフューザーなしのものもあった気がするのでありがたい限りです。バッグの収納方法が面白くて、普通のストロボって発光面を真上に上げた状態で収納するのですが、i40は水平を向けたまま収納できます。どちらが良いかはわかりませんが、コンパクトにまとまるのは間違いありません。
780.jpg

一番大切なコンパクトさですが、このような大きさ。
770.jpg
メインのボディは殆ど電池ボックスで、単三電池×4+α程度の大きさ。本当に小さいです。
他のメーカーと並べてみるとこんな大きさ。左からNikon SB-800、i40、OLYMPUS FL-600Rです。ボディ自体は小さいものが多いm43ですが、ストロボに関してはi40よりも大分大きいです。
769.jpg

D610につけても、FM10に付けたSB-800より背が低いです。
772.jpg

これはかなり取り回しが良くなりそうです。
次回以降にもう少し詳しく見て行きましょう。


posted by あまおうでじたる at 22:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: