2016年04月22日

プラクシスワークス TURN ZAYANTE M30を購入


PRAXISWORKSのクランクです。
よく知られるところですと、スペシャライズドの完成車についているものですが、
700g程度と重いこともあってすぐに外され売られることが多いようです。
新品クランクBBのフルセットで4万円程度しますが、完成車外しだと1万円程度の価格で購入できます。
人気のなさがうかがえます。
後述しますが、評価は高いのでオイシイクランクと言えます。
ちなみにある程度知名度があるBBとチェーンリングは単体の中古だけで5-6000円以上したり…。

今回購入した理由は、BBにあったりします。
プラクシスワークスのBBはPF30やBB30では音鳴り対策として使用されることが多く、
高信頼のBBとして有名です。
単純にプラクシスワークスのBBを使うだけでBB周りの剛性が上がるという事でいいことばかり…。
らしいです。

M30BBは30o径なのでROTORなんかで使えれば便利かな…という淡い期待、は簡単に潰えます。
M30のBBはベアリング自体はどちらも6806でしたので、30o径なのは間違いありません。
しかしながらドライブ側は30oですが非ドライブ側は1〜2oのスペーサーが入っているのでした。
完全な30oアクスルじゃなかたんですね…。
Cリングを外せば、BBを入れ替えられるような気もします、が。

とりあえず、JIS版のBBも出ているのでクランク自体は安いフレームに使うとして、
BBを弄ってみるか…悩むところです。


ちなみにクランクは前述の通り、重いのであまり好まれていないようですが、
海外のテストでは剛性が最も高いというテスト結果がでているようで、売り文句にもなっています。

プラクシスワークス TURN
(データから重量の分だけ剛性が高いだけで、
重量あたりの剛性が高いわけではなく価格あたりの剛性が高いといえるようです。)
タグ:rotor
posted by あまおうでじたる at 22:55 | Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
M30BBをRotorクランクで使えないか検索していたところ、こちらのページにたどり着きました
スペーサーが入っていてポン付けはできないのですね。。貴重な情報ありがとうございます
Posted by at 2016年07月11日 14:00
アウトボードでROTORを使用する場合は、386EVO系に変換するBBが使えるようですので、そちらの方が簡単かもしれませんね。
Posted by あまおうでじたる at 2016年07月11日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: